カルニチンって何?

カルニチンはアミノ酸に似た物質で、脂肪燃焼に深くかかわっている栄養素です。約100年前にアミノ酸が発見されたタイミングに合わせて、カルニチンも発見されました。

発見後しばらくの間はあまり注目されなかったカルニチンですが、脂肪を燃やすときに欠かせない物質であることが1990年代に入ってから判明しました。ちなみに、その働きは他の栄養素では絶対に代用できません。言いかえれば、脂肪燃焼にはカルニチンが必要不可欠ということです。

日本では、カルニチンは心臓病の薬として研究されてきましたが、2002年になってからその他の用途でも使用できるようになり、現在はダイエットサプリメントとして人気を集めています。

サプリメントだけでは痩せない!

脂肪を燃焼させるときにカルニチンが必要になることは事実です。では、カルニチンのサプリメントをたくさん飲めば、それだけで痩せられるのでしょうか。

答えはNOです。

体内のカルニチン量が極端に少ない場合をのぞけば、サプリメントを飲んだだけで痩せる可能性はありません。なぜなら、脂肪が燃焼するときにはカルニチン以外にも必要となるものがあるからです。詳しくは下記のページで述べていますので、参考にしてみてください。

体内のカルニチンが不足する場合もある

カルニチンは人間の体内で生成できる物質です。また、日々の食事からも摂取することができます。

日本人の場合、体内での生成量が10mg、食事から摂る量が75mgくらいと言われています(一日あたり)。これは、健康的に生きていくのに充分な量です。

しかし覚えておきたいのは「体内のカルニチン量が足りなくなるケースもある」ということです。その原因は2つあります。ひとつは運動不足、2つ目は偏った食生活です。とくに、ダイエット中はカルニチンが不足しがちになります。

詳細は「カルニチンが不足する原因は筋肉が衰えることにある」で述べていますが、せっかく食事制限をしていても『カルニチン不足⇒脂肪が燃えない⇒なかなか体脂肪や体重が落ちない⇒さらに食事を削る』という悪循環にハマってしまうこともありえます。

ダイエットのためにカルニチンを利用するなら

カルニチンが多く含まれる食べ物」で述べているとおり、カルニチンを豊富に含んでいるのは赤身の肉です。

ただし、カロリーとの兼ね合いを考えると、「カルニチンをしっかり摂って脂肪燃焼させよう!そのために肉類をがっつり食べてカルニチン補給!」というのはどう考えても逆効果です。

どのくらいのカルニチンを摂ればダイエットに効果的なのか、それは諸説ありますが、1日あたり500mg~が目安になると言われています。

この量を肉類から摂ろうとすると、脂肪分の少ない牛ヒレ肉の場合でも400g(約800キロカロリー)も食べなくてはなりません。

摂取カロリーを抑えつつカルニチンをしっかり補給したいとなると、サプリメントを使うしか手段は無いと思います。ちなみに、サプリを使うのならアメリカの有名メーカーのものが品質的にもコスパの面でもオススメです。
(詳細:サプリメントは信頼できるメーカーのものを選ぶ

製品名 NOW Lカルニチン 500mg ベスト Lカルニチン フマル酸塩 855mg
参考価格 4,080円 4,490円
容量 180粒 (約60~180日分) 180粒 (約60~180日分)
1粒あたりの成分 L-カルニチン 500mg L-カルニチンフマル酸塩 855mg
(L-カルニチン 500mg)

※ 価格は参考値です。変動する可能性があります。

ただ、しつこいようですがサプリメントを飲んだだけでは痩せません。運動か食事制限のどちらかが必要になります。カルニチンサプリは「あくまでも運動や食事制限のダイエット効果をさらに高めるために使う」ということを忘れないようにしましょう!

おすすめコンテンツ - カルニチンのことが分かる事典

ページ一覧(クリックすると開きます)

ページの先頭へ