カルニチンのダイエット効果を引き出すために必要なこと

カルニチンと聞いてまっさきに思い浮かぶのが脂肪を燃焼させる効果です。この効果を期待して、ダイエット目的でサプリメントを利用する方も多いと思います。

たしかに、カルニチンは脂肪をエネルギーに変えるときに必ず使われる栄養素です。ほかの物質では代用できない重要な栄養素だということも事実です。

しかし、サプリメントでカルニチンをたくさん摂ったら、必ず脂肪が燃えてくれるのかというと……それは言い切れません。

スポンサーリンク

脂肪燃焼のプロセスをしっかり理解しよう!

カルニチンの働きを理解するために、脂肪燃焼のプロセスを詳しく見てみたいと思います。

身体にたまっている脂肪が燃えるときには、まず最初に中性脂肪が分解されて「遊離脂肪酸」という物質に変化します。

遊離脂肪酸は血液のなかに溶けこむことができるため、血液の流れに乗って体内のさまざまな細胞まで流れていきます。そして各細胞まで流れついた遊離脂肪酸は、細胞内のミトコンドリアという組織のなかに取りこまれて、エネルギーに変化します。これが脂肪が燃焼するまでのプロセスです。

この流れの中で、カルニチンはどういう風に役立つのでしょうか? それは遊離脂肪酸がミトコンドリアに入るときです。実は、カルニチンがなければ遊離脂肪酸はミトコンドリア内に入っていくことができないのです。

逆に言うと、カルニチンが体内にたくさんあれば、遊離脂肪酸がミトコンドリアの中に取りこまれやすくなるため、より効率的に脂肪を燃やせるようになります。

しかし、ここでカルニチンよりも重要なものがあります。それは、脂肪燃焼を始めるための「引き金」です。言い方を変えると、中性脂肪を遊離脂肪酸に分解するための引き金ということです。それが無ければ、カルニチンがどんなにたくさんあっても脂肪燃焼のプロセスは始まりません。

では、脂肪燃焼の引き金になるものは一体何なのでしょうか。
それは「摂取カロリー < 消費カロリー」という状態を引きおこせるもの(つまり運動か食事制限)です。

摂取カロリーが少ない状態になれば、足りない分は体内の脂肪を燃やしてエネルギーをまかなうしかありません。そのため、中性脂肪が遊離脂肪酸に分解されて、血液のなかに流れだすようになります。そうすれば、あとは先ほど説明した脂肪燃焼のプロセスにのっとって、脂肪がどんどん燃えるいうわけです。

ということで、カルニチンのダイエット効果を引きだすためには「摂取カロリー<消費カロリー」の式を成り立たせる必要があります。これは他のダイエット方法とまったく同じです。つまり、カルニチンを摂っただけでは痩せません。

残念ながら、カルニチンは魔法の薬ではないということです。

カルニチンが有効に働くケースもある

「カルニチンだけでは痩せない!運動か食事制限も必要!」という夢のない話になってしまいましたが、次のような方にはカルニチンが効果を発揮するかもしれません。

  • 定期的に運動をしているのに痩せない
  • 食事に気をくばってカロリーを抑えているのに痩せない

この2つに共通しているのは「脂肪燃焼の引き金はあるのに痩せない」ということです。

つまり、何か原因があって脂肪燃焼のプロセスが滞っているのですが、その原因のひとつとしてカルニチン不足が考えられます。とくに、年齢を重ねるにつれて体内のカルニチン量は減っていきます。たとえば40代になると、20代のときの半分にまで減少すると言われています。

「若いころより痩せにくくなった……」というのが明らかなら、不足しているカルニチンを補給することによって、脂肪燃焼プロセスを活性化できる可能性があります。

「運動も食事制限もイヤ!」という場合には、食事に含まれる脂肪や炭水化物などを、体内で吸収させないようにするサプリメントもありますので、それを使ってみるのもひとつの手段です。

ただし、あまり健康的な手段とは言えないので、長期にわたって使うのは避けたほうが無難と思います。

サプリメントは信頼できるメーカーのものを選ぶ

カルニチンは、日々の食事から摂ることができます。とくに、赤身の肉(牛肉や豚肉)に多く含まれています。しかし、摂取カロリーを考えると、カルニチンのために肉類をたくさん食べるのは本末転倒になりかねません。

摂取カロリーを抑えつつカルニチンを補給するためには、サプリメントを使うのがもっとも確実です。カルニチンは安全性が高い物質で、サプリメントを使ったとしても副作用が出る可能性は少ないと考えられています。飲み過ぎたときに下痢や腹痛などが起こる程度です。
副作用の詳細についてはこちら

ただし、サプリメントの品質とメーカーには気をくばるのが賢明です。

カルニチンにはL型とD型のものがありますが、D型を長期摂取すると筋力低下を引きおこす危険性が示唆されています。通常、サプリメントにはL型しか含まれていないはずですが、信頼できない製造工程で作られている場合はD型が混入している可能性が否定できません。

ちなみに、天然の食べ物に含まれているカルニチンはすべてL型です。また人間の体内に存在するのもL型だけです。

では、どういうサプリメントなら信頼できるのかというと、アメリカの有名メーカーのものが手堅いと思います。

「なぜ日本ではなくアメリカのものがいいのか?」についてですが、まず言えるのはアメリカはサプリメント先進国だということです。各メーカーが熾烈な競争を繰り広げているため、品質の悪いものは早い段階で自然淘汰されます。そのため、有名メーカーのサプリメントで長く販売されているものは、長く生き残るだけの品質があると言えます。

さらに、アメリカではFDA(米国食品医薬品局)という政府機関がサプリメントの成分規制や製品チェックをしていますが、FDAの定める基準は世界一厳しいとされています。アメリカで販売されているサプリメントは、その基準をクリアしているので安全性が高いのです。

また、日本に比べるとサプリの価格競争が激しいので、リーズナブルな価格に落ちつくという長所もあります。

一言でアメリカのサプリメーカーと言っても、数えきれないくらいの数があります。その中で「信頼性がある」「日本で入手しやすい」「リーズナブル」の3点を満たしているメーカーは、

  • NOW(ナウフーズ)
  • ドクターズベスト

の2つと思います。

製品名 NOW Lカルニチン 500mg ベスト Lカルニチン フマル酸塩 855mg
参考価格 4,080円 4,490円
容量 180粒 (約60~180日分) 180粒 (約60~180日分)
1粒あたりの成分 L-カルニチン 500mg L-カルニチンフマル酸塩 855mg
(L-カルニチン 500mg)

※ 価格は参考値です。変動する可能性があります。

値段もあまり変わらないので、気に入ったほうを試してみるといいと思います。また、どちらのサプリも1粒で500mgのカルニチンが摂れますが、日本人の標準的な体格から考えると1日2粒で充分と思います。
(※ 摂取量についてはこちらのページも参考にしてみてください)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめコンテンツ - カルニチンのことが分かる事典

ページ一覧(クリックすると開きます)

ページの先頭へ