食事制限ダイエット中にもカルニチンが役に立つ

カルニチンのサプリメントは、運動メインのダイエットと組み合わせると効果を発揮しやすくなります。では、食事制限メインのダイエットをしているときに、カルニチンを摂るとどうなるのでしょうか。

結論から言うと、食事制限とカルニチンサプリを組み合わせる場合にもダイエット効果が見込めます

カルニチンのダイエット効果を引き出すために必要なこと」の中で脂肪燃焼のプロセスについて述べましたが、カルニチンの効果を引きだすためには、脂肪を燃やすための引き金が必要になります(=サプリを飲んだだけでは痩せません)。

ここで言う引き金というのは「摂取カロリー < 消費カロリー」を成り立たせるものです。この式を満たしつつ、カルニチンを摂れば、脂肪燃焼が加速します。

つまり、
①運動によって消費カロリーを増やす
②食事を制限して摂取カロリーを減らす
のどちらでもいいのです。

スポンサーリンク

カルニチンをしっかり摂れば空腹感が減るかも?

食事を制限して摂取カロリーが少なくなると、活動エネルギーをまかなうために身体に貯まっている脂肪が燃やされます。

しかし、そのときに体内のカルニチンが足りなければどうなるでしょうか。カルニチンは脂肪を燃やすときに絶対に必要となる物質です。それが不足していれば、体脂肪をエネルギーに変えられなくなります。

食事制限をしている最中に体脂肪を燃やせなければ、エネルギーが枯渇します。そうすると、当然お腹がすいてきます。とくに、手っ取り早くエネルギーを得るために糖分(甘いもの)が食べたくて我慢できなくなることもあります。

逆に、カルニチンが体内にたくさんあるとどうなるでしょうか。体脂肪をエネルギーとしてガンガン使えるので、空腹感も抑えられるようになります。

もちろん、空腹を感じる原因はひとつではないので、カルニチンのサプリメントを摂ってもお腹がすくときはすきます。たとえば、空腹になるのは血液中の糖分が減ることも一因です。

お腹がすいてきたときにティースプーン1杯の蜂蜜を摂ると軽めの糖分補給になって、2時間くらいは空腹感がまぎれます。カロリーも30カロリー程度なので、食事制限中の方はぜひ試してみてください。

肉類を食べなければカルニチンが不足する!

食事制限で肉類を抜いている方は。カルニチンが不足しがちになります。野菜や果物にはカルニチンはほとんど含まれてないからです。

せっかく摂取カロリーを減らしても、「カルニチン不足のせいで脂肪が燃やされない⇒エネルギー不足⇒おなかが減る⇒つらい⇒ダイエットやめた!」となってしまったらもったいないです。

これを避けるためにも、カルニチンをサプリメントでしっかり補給するのは大切なことと言えそうです。

※ カルニチンサプリについては「サプリメントは信頼できるメーカーのものを選ぶ」で述べていますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ - カルニチンのことが分かる事典

ページ一覧(クリックすると開きます)

ページの先頭へ